日立市で「シニアライフを心豊かに生きる」ことを目指し活動しているボランティアグループ

81ウオーク

 81ウオーク会 

   岩城相馬街道を歩こう 

 ぐずついた天気が続くなか雨だけは免れた9月24日、「岩城相馬街道を歩こう」と銘打って、水戸駅から勝田駅間のウオークを楽しんだ。
 江戸時代、水戸から奥州街道と合流する岩沼(宮城県)までを「岩城相馬街道」と呼ばれ、「水戸街道」と合わせて「陸前浜街道」と呼ばれていた。
 水戸駅南から出発。さくら川、備前堀沿いと歩くとほどなく、橋のたもとに「水戸街道起点」の石柱、さらに進めて大通りの交差点には「陸前浜街道起点」の石柱が鎮座していた。6号国道とほぼ平行して街中を進み那珂川岸へ。「新舟渡跡」の石柱を発見。ここで腹ごしらえ。那珂川を渡り、光圀が命名した言われる「無二亦寺」に寄り、勝田駅へ到着した。
 暑くもなく寒くもないウオーク日和に感謝。往時に想いをはせながら、約10km、4時間のコースを全員笑顔で完歩できた。

wk81-01.jpg

水戸駅南を元気に出発(参加人数:6名)  歩いたコース 地図

  • スナップ(写真をクリックして拡大)
    水戸街道起点石柱 備前堀の由来に見入る 陸前浜街道石柱 小さくて危うく見過ごすところであった 栗田寛(幕末水戸藩に仕えた学者像)

    新舟渡跡 このあたりから舟で那珂川を渡った 新寿橋に向かう 光圀が命名した無二亦寺(むにやくじ)前にて

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional