日立市で「シニアライフを心豊かに生きる」ことを目指し活動しているボランティアグループ

おもちゃの病院活動の記録

ひたちおもちゃの病院活動の記録


日  時活 動 内 容
平成23年5月16日第7回ドクター総会実施。終了後、技術研修を行う。会員数22名。
平成23年5月現在の処理件数 1273件
平成22年10月25日茨城県社会福祉大会で、「地域社会の福祉増進に貢献」したボランティア活動団体として県社会福祉協議会会長より表彰を受けた。
平成22年10月17日女性センター祭り2010に参加し出張診療を行う。
平成22年10月3日百年塾フェスタ2010で出張診療を行う。修理受付件数 32件
平成22年5月17日第6回ドクター総会実施。終了後、代表事例紹介と技術研修を行う。会員数 23名
平成21年8月 田尻交流センター祭りに参加し病院開設。 10月4日 百年塾フェスタ、 24日 女性センター祭りに参加し出張診療を行う。
平成21年7月ひたち環境都市フェスタに参加しおもちゃの病院の出張診療を行った。
平成21年7月5日タウン誌“スペースマガジン”サークル欄におもちゃの病院が紹介される。
平成21年5月29日第5回ドクター総会を実施。終了後技術研修会を実施。 会員数 23名
平成21年朝日新聞折込の“定年時代”茨城版2月号のトップに掲載される。
常陽藝文3月号のSPOT欄に2頁にわたって掲載された。
平成20年10月22日「市社会福祉協議会長表彰」受章
平成20年5月30日第4回のドクター総会を実施。終了後工作キットを題材に実技実習を行う。会員数 23名
平成19年11月21日NHK水戸放送局の「わだいの玉手箱」でおもちゃの病院が放映される。福祉プラザ、中小路交流センター、小林宅で3日間の取材、収録を行う。
平成19年6月25日第3回目のドクター総会を実施。総会終了後技術研修を行う。参加人員は20名、場所:福祉プラザ大会議室。会員数 27名
平成19年4月
    7,8日
日立さくらまつりで出張診療 「さくらシティ日立」の4回に開設。35件の受付
平成18年イベント出張診療 7月「環境フェスタ」、8月中学生体験学習、10月「百年塾フェスタ」「女性センター祭り」 百年塾フェスタでは49件の受付を行う。
平成18年7月5日十王診療所開設(十王交流センター)5診療所体制が確立した。
平成18年6月20日第2回ドクター総会を実施。
平成18年6月13日塙山診療所開設(塙山交流センター)
平成17年10月23日百年塾フェスタで病院開設
平成17年10月16日女性センター祭りで病院開設
平成17年6月
    25,26日
日立シビックセンターで開催された「ひたち環境フェア2005に診療所を開設。ドクターカードの使用開始」 受付件数は6件
平成17年4月27日第1回目ドクター総会を実施。会員数 29名
平成17年3月JWAYの取材が各診療所で行われた。
平成17年2月おもちゃの病院立上げ苦労を取材した小林茂さんのビデオ作品がひたち映像コンテストで入選し、上映会に多数の仲間が駆け付けた。
平成17年2月
    2,3日
おもちゃドクター養成講座(基礎講座)を実施。 おもちゃ病院連絡協議会監事 小林 牧雄氏  ドクター数29名となる
平成16年12月9日読売タウンニュース
平成16年11月28日百年塾フェスタ2004で出張診療。65件の受付を行い16人のドクターで対応
平成16年10月
    16,17日
女性センター祭りに臨時診療コーナーを設け診療活動を行う。
平成16年10月13日週刊茨城朝日にトップ記事で紹介される。
平成16年地区診療体制スタート 北診療所(田尻交流センター)、中央診療所(シビックセンター6階)、南診療所(大みか交流センター)、病院本部(事務所内)の4拠点
平成16年4月22日IBS茨城放送「もぎたてラジオ朝一番」に電話インタビューで小林医院長生出演
平成16年3月22日朝日新聞「茨城マリオン」に紹介される。
平成15年7月8日病院設立。小林勇作氏を医院長とし、楽しく遊び心のある病院を目指す。賛同者が鹿島町旧事務所に集まり、発足のキックオフを行った。発足時のドクターは、公募により会員から17名

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional