日立市で「シニアライフを心豊かに生きる」ことを目指し活動しているボランティアグループ

楽習会3016

楽習会 地域包括支援センターの活動内容について 3016

 日立地域包括支援センター長をお招きして、センターの活動内容についてお話しをいただいた。日立地域包括支援センターは高齢者が地域で生活していく上で介護や福祉等の心配事について相談できる総合窓口とのこと。
 保健師やケアマネジャー、社会福祉士などの専門職が連携して、高齢者が介護を必要になった時、家庭や地域での生活を安心して継続できるよう支援していく役割があるとの説明を受け、自立した生活を支援して頂けるとのこと。
 重度の介護状態になっても、公的な施設にはなかなか入所することができず、在宅介護をせざるを得ない家庭が増えているのが現状のようで、今はまだ介護サービスを利用する必要がない家庭でも、出来るだけ介護を必要としない自立した暮らしを長く送るために介護予防に努め、健康に気配りしていくよう心がけしていく事が大切だと学びました。

”暮らしに心配事が出て来ましたらまず「地域包括支援センター」に出向きましょう。”

参加者29人

楽習の様子

ga30-1601.jpg

講話を頂いた日立市地域包括支援センター 大森所長

ga30-1602.jpg

受講する皆さん

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional