日立市で「シニアライフを心豊かに生きる」ことを目指し活動しているボランティアグループ

楽習会3014

楽習会 防犯講話               3014

 県内・市内でも、空き巣などの犯罪が増えている中、最近の犯罪事例や防犯対策などについて、日立警察署の塩田課長、市都市政策課の高橋課長や、市防犯サポーターから寸劇を交えて講話いただいた。各種犯罪の中でも、電話詐欺は手口も巧妙化し、1,400万円もの大金を騙し取られた71歳の婦人の例もある。お金が貰えるなどのうまい話や、子や孫の名を騙ってお金を騙し取ろうとする電話に対しては、本人確認や家族に相談するなど、慎重な対応が必要。また、倒壊や火災防止の観点から空き家を減らす努力が要、運転免許返納や防犯灯設置への補助制度がある等々、講話をよく咀嚼し、感度を上げて安全で明るい生活を目指したい。

参加者36人

楽習の様子  [その他の写真を見る ]

ga30-1401.jpg

防犯講話を頂いた日立警察署塩田課長

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional