日立市で「シニアライフを心豊かに生きる」ことを目指し活動しているボランティアグループ

楽習会2811

楽習会 歴史講座(水戸藩の藩政)       2811

 講師は郷土博物館館長小松徳年氏。殖産興業・経済発展・領地防衛を狙った、運河や水道開鑿・江堰構築、助川海防城造営などの土木事業を主体に、人材育成を目的とした教育事業としての弘道館の開設など、水戸藩の内政に関する諸政策についてお話しいただいた。
 閘門式の紅葉運河など、構想は雄大で、設計技術内容面では国際的なレベルのものもあったが、財政難や技術実施面での実力不足のため、目的を達成できなかった事業もあるものの、水戸藩の維持・発展を目指した歴代藩主の意気や矜持を感じた。
 類似の状況下にある今日の我が国のアベノミクスを髣髴させ、時を超えて横たわる、社会の維持発展のための最適施策は何かという共通命題に、思いを馳せる秋の一日であった。

女性センター 出席者:29名(内会員外1名)

ga28-1101.jpg

ga28-1102.jpg

人気講座となった「歴史講座」
今回もお馴染みユーモア交じりで判り易く、ボードを使って水戸藩の藩政について
熱く語られる小松講師

ga28-1103.jpg

ga28-1104.jpg

 思考力、記憶力の低下にめげず、難しい歴史が楽しく勉強できる一時を熱心に聴講する皆さん。
 台風降雨が心配された影響もあり参加人数が少なかった。、

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional