日立市で「シニアライフを心豊かに生きる」ことを目指し活動しているボランティアグループ

楽習会2810

楽習会 日立市政の勉強会         2810

 日立市財政部市民税課の村田・羽鳥・久保の3氏を講師にお招きして、昨年より全国的に過熱気味となってきた「ふるさと納税」について、本制度の説明と日立市における取組についてお話を頂いた。
 本制度は「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか」そんな問題提起から始まり、数多くの議論や検討を経て生まれたのがふるさと納税制度です。
 日立市の取組みとして、平成27年度より返礼品に地場製品である日立の家電品を組み入れたことにより、前年比1022倍の8.1億円の寄付金を頂く事が出来たとの説明があった。
 その後の質疑応答では制度に対する疑問点・費用対効果など活発な意見交換が行われた。

女性センター 出席者:37名(内会員外1名)

ga28-1001.jpg

講師:右から村田さん、羽鳥さん、久保さん

ga28-1002.jpg

ga28-1003.jpg

ga28-1004.jpg

熱心に聴講する皆さん

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional