日立市で「シニアライフを心豊かに生きる」ことを目指し活動しているボランティアグループ

楽習会2808

楽習会 若手男性看護師に介護の現状を聞く   2808

 永井ひたちの森病院に勤務中の現役看護師「為我井弘道氏」に介護の現状をお話し戴いた。
 為我井氏はスーパーやワンダーグー等を経て“親孝行したい”という思いから一念発起し介護の世界へ入られた。苦労人で講話の随所に思いやり、気配り、心配りなど滲み出ていた。病院と患者の橋渡しの難しさを経験し、また在宅医不足を実感し訪問介護の充実に注力してゆきたいとのこと。、
 どの様な最期を迎えたいですか?の話では(病院、在宅夫々にメリット、デメリットあり)延命治療、平穏死、エンディングノートなど自分自身の意思を持ち元気なうちの対応が肝要であることも話され、最後に“絶対転ばないでください”と注意があった。元気で長生きの秘訣は可能な限り入院しないで最後まで自分らしく生きるということを肝に銘じてくださいとのこと。

福祉プラザ2階 出席者:27名(内会員外1名)

ga28-0801.jpg

講師の為我井氏

ga28-0802.jpg

熱心に受講する人たち

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional