日立市で「シニアライフを心豊かに生きる」ことを目指し活動しているボランティアグループ

楽習会2619

楽習会 新春を和で寿ぐ             2619

 今年のスタートにふさわしく「新春を和で寿ぐ」をテーマに楽習会が開催され、大盛況だった。会は途中に休憩を入れ、前半と後半に別れた形で進められた。
 前半、後半共に新舞踊を前後に、中間に落語を一席入れる従来とは一味違う新しい試みで行われた。新舞踊の鑑賞は楽習会としては初めてで、演者は十王在住の八ッ田重房さんによるものだった。新春のはなやかな音楽にのせた、きらびやかな衣装での見事な男舞、女舞にみなさん見惚れていた。
 落語はおなじみの「悠々亭べーやん」こと、渡部博さんによる「松竹梅」と「火事息子」でその熱演にみなさん聞き入った。また頭や途中に入れる時事問題や地元の話にも笑いが絶えなかった。

楽習の様子  [その他の写真を見る ]

ga26-1915.jpg

八ッ田重房さんが踊る「みだれ髪」に見とれる参加者の方々

参加者:63人(会員外17人)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional