日立市で「シニアライフを心豊かに生きる」ことを目指し活動しているボランティアグループ

楽習会2609

楽習会 記録映画鑑賞(日立市の歴史)      2609

 「日立市の歴史」というテーマで、日立市視聴覚センター保存の(1)河原子のいまむかし,(2)会瀬のいまむかし,(3)日立市川尻町の災害,(4)ひたち工業都市発展と共に,(5)日立市20年のDVD映像記録を鑑賞した。
 内容としては、河原子は県北有数の漁村であったこと、河原子の風流物は昭和32年が最後で今では頭を残すのみ。会瀬の漁業歴史の説明で、大棒網(定置網)は現在も行われているとのことであった。
 川尻町の災害は、ひたち映像コンクールで特賞を取られた清水啓志氏の作で、3.11大震災時の津波の実録であり、地震30分後の第一波の津波が堤防を乗越える様や、6号国道の水没状況は衝撃的であった。
 またひたち工業都市発展と日立市の20年では、先人の築いた貴重な歴史の映像や駅前開発事業による新都市広場の工事状況が見られた。
 視聴中、思い出話が聞こえ、懐かしさと感動する場面が多々みられた。また、川尻町での津波の恐ろしさを再認識した。

楽習の様子

ga26-0901.jpg

ga26-0902.jpg

参加者:31名

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional