日立市で「シニアライフを心豊かに生きる」ことを目指し活動しているボランティアグループ

楽習会2607

楽習会 健康講座(健康は足から)        2607

 保健師 小角和子氏を迎え、「生涯、自分の足で歩くために、健康は足元から」と爪の重要さについてご講話をいただいた。
 氏は老人保健施設の看護部長時代にお年寄りが爪に原因があって車椅子に頼らざるを得ない実情を目の当たりにして、その手入れ方法を本格的に学ばれた方です。
 「の」の字に変形した巻き爪、水虫で花咲くように膨張した爪、手入れを怠り皮膚に食い込んだ爪等々。これらを根気よく手入れすることによって「立たせる・歩かせる」事が出来たとの事に参加者は一様に驚きと感激の連続でした。
 正しい爪の切り方を学び、日常の手入れが大切な事を改めて全員が認識、大変有意義な講座であった。

楽習の様子

ga26-0701.jpg

パワフルにフットケアの大切さを説く小角和子講師

ga26-0702.jpg

実践体験で足のマッサージを受ける湯澤さん

参加者:32名(内会員外3名)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional