日立市で「シニアライフを心豊かに生きる」ことを目指し活動しているボランティアグループ

楽習会2519

楽習会 テーマ「落語と箏を楽しむ」    2519

 新春にふさわしく「落語とお琴を楽しむ」楽習会が、2部構成で開催され、大盛況でした。

琴の演奏

 1部は、澤 俊子さん主宰の「さくら奏の会」女性8名によるお琴の演奏と、お琴の歴史や、琴と筝の違い等解り易く説明された。
 初春に合わせた若竹色のドレスで正装し、宮城道夫作曲『春の海』を初め8曲の演奏に全員がうっとり目と耳を傾け、アンコールまで催促、又J-net 笛の会とのコラボ企画も出た次第でした。

お琴の演奏

熱演!悠遊亭べーやんによる落語『崇徳院』

 2部は、銀鼠色の紬を粋に着こなした 悠遊亭べーやん(渡部 博氏)による、江戸長屋住人 熊さんが、若旦那の恋煩いを解決する落語『崇徳院』を、唱歌「どんぐり ころころ5番まで」の枕話から入り、べーやんの身振り手振りを交えた話術と熱演に、すっかり聞き入り多いに笑い、楽しんだ50分でした。

お琴の演奏

参加者60名(内会員外15名)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional